スキー道具

来季のスキーの購入者は必見!2019-20シーズンモデルスキー板、試乗レポート②

スキー板を買う前に参加したい「試乗会」

来シーズンの板を実際にゲレンデで滑って試せる、貴重な試乗会。
高い買い物なので、合うかどうかフィーリングをぜひ試してから決めたいですし、その最適な判断材料となりますよね。

ノブ
ノブ
そんな訳で僕も参加した、今シーズンの試乗レポート第2弾をお送りします。

試乗日時、会場など

試乗日時 :2019年4月13日

試乗会場 :八方尾根スキー場

提供   :アルペン

当日のゲレンデ状況

4月も中旬に入り、さすがにゲレンデは完全に春の雪。
気温も高くバーンはかなり荒れてグッサグサでした(笑)

しかしその分、荒れたバーンでスピードを出した時の安定感はよく分かりましたし、エッジグリップが強い板はこの状態でもはっきりと感じられたので、ハイシーズンの硬いバーンでも強いはず、というのは感じ取れました。

もちろんコブは試しやすいですし、板のパフォーマンスを総合的に見るにはなかなか面白いシチュエーションでした。

今回の試乗の総評

今回の試乗会は板のチューニングの状態が良く、板の性能がはっきり感じ取れる感覚でした。
おかげで、かなり雪は難しかったですが(笑)楽しんで試乗をすることが出来ました。ありがとうございます^^

総評というか最近のトレンドとして、センター80前後~90くらいの板が一番進化が著しいのを感じます。

80~90くらいだと今はもうセミファットって感じですが、パウダーや不整地に強い上で、キレや走り、操作性の良さを当たり前に兼ね備えてきてます。

ノブ
ノブ
ベストの2本のエランとアイスランティックは、まさにそんな板に仕上がっていて、素晴らしい出来でした!

この傾向が進むとセンター70以下の板って、ホントにガチの基礎スキーヤー(またはモーグラー)しか買わなくなるんじゃあないかと思います(笑)

まぁ個人的にはその方が楽しくなっていいかなとは思いますが^^

 

<他の試乗レポートはこちら>

来季のスキーの購入者は必見!2019-20シーズンモデルスキー板、試乗レポート①スキー板を買う前に参加したい「試乗会」 皆さまは来シーズンは板を新調されますか? 今のスキー板ってホントに性能が良くなっていて、...
2018-19モデル試乗レポート! 来季の基礎スキーからファットまでを試乗・解説します。試乗日:2018/3/4 雪質:春雪 ATOMIC【S9i Pro】165cm 非常に重い板。 重量感があるというレベルではな...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スキー・スノーボードのビデオ撮影、お受けします

当HAKUBA-Laboではスキー・スノーボードのビデオ撮影のサービスを
行っております。

ゲレンデであなたの滑りを撮影し、そのデータをお渡しします。

どなたでも気軽に申し込んでいただけますので、
皆さまのいっそうのスノースポーツの楽しみのために
ぜひこのサービスをお役立てください!

 

 

この記事が良かったら、ブックマークお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。