白馬で暮らす

「白馬 風の子」1人でも泊まれる、白馬のオススメの宿!

「白馬 風の子」1人でも泊まれる!白馬のオススメの宿!

白馬にスキー、スノーボードに行くときに、やっぱり気になるのはお宿ですよね。

特に「一人でも泊まれる宿」これがなかなか見つけるのが難しい。
一人でも泊まれて、でも料金は高価くなくて、食事も美味しくて、建物内は清潔で、、、
ようするに一人でも泊まれて、安心してゆったり疲れを癒せる宿。そんな宿はないものか?

実はあるんです。

ノブ
ノブ
僕が白馬に移り住むまで、定宿として何年も何日もお世話になったオススメのお宿をご紹介します。

「白馬 風の子」お一人大歓迎の宿

「白馬 風の子」は白馬村のみそら野地区にあるお宿です。
DSC00308.JPG DSC00309.JPG

場所はみそら野のセブンイレブンのすぐ近くです。
オリンピック道路から、セブンイレブンのある交差点を右折し、200mほど行ったら右に入ります。
ここがちょっとだけ分かりにくいです。(写真の場所を右に入ります)
DSC00306.JPG

館内

中は暖かく、いろんなインテリアもあって可愛い宿です。
ちなみに床はほぼ床暖房完備。
ポカポカで気持ちいいです。
DSC00320.JPG DSC00335.JPG

ダイニング

いい感じの薪ストーブが鎮座。これがとても暖かい。
またここはラウンジも兼ねていて、宿泊者の憩い&交流の場になっています。
グループで来ている人がほとんどなく、1人で泊まりに来ている人ばっかりなので、すぐに打ち解けられますよ。
index_ph01.jpg 12534635_1559533034370300_687067273_n.jpg

客室

個室①
2人部屋の洋室
DSC00325.JPG

個室②
こちらは和室の部屋
2名~最大5名かな。
DSC00326.JPG DSC00328.JPG

個室③
こちらは洗面台付き。快適です。
index_ph05.jpg

個室④
ロフト付き3人部屋。
DSC00330.JPG

ドミトリールーム
相部屋です。カーテン、照明付きの2段ベッドが2つ。
DSC00336.JPG

施設、設備

【お風呂】

温泉ではないですが、とてもキレイでオシャレ。
DSC00316.JPG

【トイレ】

とても清潔なトイレです。
ちなみに他のスキー宿では見たこともない仕掛けがあり、、、それは泊まってみてのお楽しみ。
index_ph07.jpg

【スキー乾燥室】

地下とかじゃないので利用しやすいです。
DSC00321.JPG

食事

「特に凝った料理ではないですが、お腹いっぱいになれるようにしています」
とのことですが、その通りコース料理が出てくる訳ではありませんが、家庭料理で充分に美味しく、量も多いです(女性は食べきるのが大変かも)。

【ある日の夕食】
DSC00968.JPG DSC00969.JPG DSC00970.JPG DSC00971.JPG DSC00973.JPG DSC00972.png

【ある日の朝食】
(和食と洋食が交互です)

OvJ44b.jpeg

料金・サービス(税など全て込み)

白馬 風の子の料金です。

基本的に1泊2食で、

相部屋なら¥5,800
個室なら¥6,800

と思えば間違いないです。

料金の詳細は以下の通り。

相部屋(男女別)

1泊2食5,800円
1泊夕食のみ5,300円
1泊朝食のみ
(B&B)
4,500円
宿泊のみ 
素泊り歓迎
4,000円

平日は
3,500円

個室

1泊2食6,800円
1泊夕食のみ6,300円
1泊朝食のみ
(B&B)
5,500円
宿泊のみ 
素泊り歓迎
5,000円

平日は
4,000円

出典:ひとり旅歓迎 風の子宿泊料金

風の子のオーナーさん

風の子のオーナーさんが「とほ宿ネットワーク」に掲載されています。
ご一読されれば、オーナーさんの人柄とアットホームな宿の秘密が分かると思います。

まとめ:白馬へ1人で旅行するなら絶対オススメ!

以上「白馬 風の子」のご紹介でした。

料金がリーズナブルなのにとても居心地が良く、また宿に集まる人たちも面白い人ばっかりで、僕はとても気に入って、10年くらいここを定宿にしていました。

白馬へ遊びに行くとき、特に1人で行かれる方には、かなりオススメ出来る宿だと思います。
ぜひ一度行ってみてください^^

ご予約は以下からどうぞ↓

当HAKUBA-Laboではスキー・スノーボードのビデオ撮影のサービスを行っております。

自分の滑りのチェックに使うも良し。楽しい雪山の思い出を作るも良し。
ぜひお気軽にお申し込みください!