【滑走レポート】2017-12-21_八方尾根(薄曇りと締まった整地バーン)

薄曇りと締まった整地バーン

昨日の好天から、今日も晴れを予想しましたが、白馬村は薄曇りでゲレンデは少しガスが掛かって見えました。
事前の予報より寒く感じそうな予感。

ベースの新雪は1cm。
しかし、昨日の例もあるので。センター100mmのセミファットを持って上がります。
(何度もパウダー無いと油断して、細い板で悔しい思いをしたことがあるので。迷った時はファット(笑))

DSC01484.JPG

(ちょっと見えにくいかな?)

うん。
今日は上部も1cmでしたね。
ちょっと盛って3~5cmかな(笑)
DSC01486.JPG

黒菱でも昨日の起伏が見え隠れ。
しかもちょっと脚を踏み入れたら、ガリッと硬い下地が。
うん、今日はやっぱり整地の日ですね(笑)

 

ということで。
うさぎの整地は薄い新雪のコーティングで滑りやすく。

DSC01487.JPG DSC01489.JPG

リーゼンも下地は硬く締まって、でもアイシーな感じではなく、しっかりエッジが噛んで気持ちよくスピードに乗れました。
DSC01492.JPG DSC01495.JPG DSC01496.JPG

で、パノラマ。
ここもコンディションは最高。
DSC01498.JPG

いつも思いますが、このパノラマの圧雪バーンの異様な滑りやすさはなんなんでしょう。
ただ単に雪質がいいだけじゃあなく、八方のピステン技術の高さには感心させられます。
これだけの広い1枚バーンを、段差まったくなくフラットなバーンに整える技術力には本当に感動です。
(シーズンイン時点での雪の少ない時期では、圧雪してもけっこう地形のデコボコがあったのを体験していますからね)

DSC01499.JPG DSC01501.JPG

という訳で、少しスカイライン等へ足を伸ばしながらも、整地を楽しんだ一日でした。
DSC01504.JPG DSC01505.JPG DSC01506.JPG

たてっこも2回滑走
DSC01513.JPG

ここもコンディションは最高ですが、最高に整えすぎたのか、中腹あたりで少し小石が浮いているところが、今日はありました。
まぁほとんど気にしなくても大丈夫なレベルですが。

今日はA県からお越しの友人が一緒に滑ってくれました。
スクリーンショット 2017-12-21 17.24.55.png

昨日はバックカントリーで、八方からさらに上部にあがってウハウハだったとか。

と言うと山派なのかと思われますが、整地も上手いんですよね~ 彼。
スクリーンショット 2017-12-21 19.40.59.png スクリーンショット 2017-12-21 19.41.57.png

不整地ばっかりで、整地が全然上手くならない管理人としてはお手本にしたいです😅(笑)

明日は少し気温があがりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。